ボールペンのインクが出ない!復活させる4つの方法と原因を徹底解説!

paper

PCやスマホ、タブレットが普及した現代でも欠かせない筆記用具の『ボールペン』

ビジネスや学業、日常のあらゆる場面で使う機会があります。

しかし、ふとした瞬間にボールペンを使おうと紙に走らせるも、インクが出ない!

……これは地味にストレスを感じる。

まあいいや、他のボールペンを使おう……。

って他のも全てアカンのかい

全てのボールペンのインクが出ない!!

こんな時あなたならどうしますか?

買いに走らずに済む方法があるなら知りたくありませんか?

そんなアナタにおすすめな『ボールペンのインクが出ない場合の解決方法』をご紹介!

スポンサーリンク

ボールペンのインクが出ない原因5つ

pen 線

『古いボールペンならともかく、購入したばかりのボールペンのインクが出ないってどういうことだ?!』

そう疑問に思ったことはありませんか?

日本の文房具や・筆記用具は世界が認める技術の結集!

なんて言われていますが、ちょっとしたことで使えない場合もあるんです。

ボールペンのインクが出ない原因は主に次の5つにあります!

ボールペンの先が乾いている

dry pen

ボールペンには水性、油性とありますがインクにはシンナーが含まれています。

インク内のシンナーが何らかの原因で揮発すると、ボールペンの先が乾燥してインクが出ない原因になるのです。

ボールペンの先が乾燥する多くの原因は、キャップの締め忘れや収め忘れ、それにインクの温度変化にあります。

使用後は必ずボールペンのキャップを締めるか、ペン先を収めるようにして下さい。

また、温度変化の少ない引き出しや部屋で保管すれば、10年近く使い続けることもできます。

ボールペンの芯の中に空気が入っている

空気 えんぴつ

『ボールペンに空気など入るタイミングがあるのか??』

こう考える方もいらっしゃるでしょうが、意外にも簡単なことで空気がインク中に入ってしまうんです!

例えば、うっかりペンを落してしまった時、ペン先が歪んでそこから空気が入ってしまうことがあります。

また、ペンを上向きにして使用した際に、気圧や重力の関係でインクがペン先から離れそのかわりに空気がペン先に。

一度インクの中に空気が入ってしまうと、書きたい時にスッとインクが出ずにイライラのもとになってしまいます。

正しく使用すれば長持ちするボールペンも、実は繊細な作りだということなのです。

使用しないときは、ペン先を必ず下に向けて保存しておきましょうね!

ボールペンのインクが固まっている

blob

長らく使用していないボールペンの場合、インクの粘度が高くなり固まってしまっていることも!

ペン先には小さなボールが付いてあり、それが転がりながらインクが流れることで文字が書けます。

しかし、長い間使用していないことで、このボールとインクが癒着し液詰まりの様な状態に。

さらに保管場所が悪いと、インクとホコリとが混ざり汚れた塊になってしまいます。

使用後は軽くペン先を拭いたり、キャップが締まっているか確認したりしましょう。

筆圧が強すぎる

筆圧

筆圧が強すぎると、ペン先にあるボールの回転がスムーズにならずインクが思うように出ません!

筆圧が強いボールペンを紙に押し付けているボールが転がる余裕がないボールが回らないのでインクが出ない

このような悪循環に陥ってしまうことも。

筆圧が原因で購入間もないのにペンをダメにしたという方も多いのでは?

また、インクが出ても太い文字やかすれ文字など線が安定せず美しさとは程遠い印象に。

筆圧が強いとボールペンや紙に負担がかかる上、肩こりの原因にもなってしまいます!

それに、メモを取ったり勉強をすればするほど、疲労を感じ面倒になるなんてことにも。

ボールペンや体にかかる負担を減らすには、筆圧を軽くする持ち方を意識することが大事です!

古いボールペンは劣化している

old-letters

そもそも、古いボールペンはインクが劣化してインクが出にくい状態にあります。

長らく使用していないペンであれば、インクに含まれるシンナーが揮発していますし、汚れやホコリがペン先に付着して詰まりを起こしている可能性もあります。

ボールペンは経年劣化を起こすため、水や湿気、光にも注意が必要ですし、インクに含まれる染料と油分の分離が起こるときちんと保存していても、やはり劣化が起こってしまいます。

劣化しているボールペンは本来使いづらいため、潔く捨てて新しいペンを購入!

……っとこれでは雑学でも何でもありません。

劣化しているボールペンですら再利用できる裏技があるんです♪

次は実践編!

インクが出ないボールペンを復活させる方法4つをご紹介しちゃいます!

ボールペンのインクを復活させる方法4つ

文字を書く人

ボールペンのインクが出ない場合、次の4つの方法を試してみましょう!

これらの方法を試せば、誤って使えるボールペンを捨てずに済みますし、ムダな出費を抑えることも可能♪

まずはペン先を掃除する!

cotton-swabs

基本中の基本!まずは、ボールペンの掃除を行いましょう。

多くの場合、掃除するだけで再びインクが出て使用できる状態に復活します!

<ボールペンを掃除する際に使う物>

  • ウェットティッシュ(アルコールを含むタイプ)
  • 乾いたティッシュ

ウェットティッシュがない場合、ティッシュだけで掃除してもOKですよ♪

まずウェットティッシュでペン先を拭き取り、インク汚れやホコリなどを取り除きましょう。

ペン先以外の汚れが気になる場合は、一旦ペンを分解して内部の汚れや液漏れ等を拭き取りキレイにしておきましょう。

あとは浮いてきた汚れや、余分は水分を乾いたティッシュで拭き取り完了です!

ティッシュの上で書いてみる!

kleenex

紙に書けないならティッシュを用意!?

まずティッシュを2、3枚用意してください。

ティッシュを重ねた上から、ボールペンで文字を書くようにペン先を転がしてみましょう。

ぐるぐると円を描いてみてもOK!

この方法はボールペンの先にあるボールの滑りを良くして、インクを循環させるための方法です。

紙の材質によってはボールが転がりにくくなり、その影響でインクの一部がなくなってしまいかすれ文字の原因に!

しかし、この様な状態はすぐに解決します!

ティッシュの上ならスムーズにボールが転がり、欠けていたインクも循環し元通り♪

この方法を試す際は、ノートやデスクなど汚れないようにある程度ティッシュを重ねてから行ってくださいね!

ペン先をドライヤーで温める!

ドライヤー

熱を利用してボールペンのインクを復活させることも出来ます!

ただし、加熱の加減が難しいことも予想されるので、少々リスクが高い方法です。

<ボールペンを熱っする際に使う物>

  • ファンヒーター
  • ドライヤー
  • ライター

上記の道具を利用して、ペン先を一瞬加熱してみましょう。

1、2秒ほど加熱したあと、すぐに紙にペンを走らせてみてください。

スッとインクが出てくるではありませんか♪

これは、熱に反応したインクの粘度が緩くなり、再びボールを伝って出てくる仕組みになっています。

しかし、先にもお伝えした通り加熱の加減が難しいので、インクの芯が溶けたりペンの変形の原因になったりするので注意しながら行ってください!

高級な万年筆やオーダー品などは、この方法をおすすめしません。

メーカーにメンテナンスを頼みましょう!

ボールペンを回して遠心力を利用する!

これぞ化学!

実は遠心力と輪ゴム、テープを利用するだけでインクの出なくなったボールペンを復活させることが可能なんです!

動画内にもあるように、ペンに付けた輪ゴムをねじり回転により遠心力を発動させます。

回転している内にボールペンのインクが分離状態から、結合状態に戻り復活!というワケです♪

インクの分離状態がペンによって異なるので、何度か回転させた後に試し書きをしてインクが出るか確認してください。

また、ペンを回している間にインクが飛び散らないように、デスクの書類を片付け周囲に注意しましょう。

やってはいけないボールペンを直す方法

no

ボールペンのインクを復活させる方法の中には、『おいおい、それをしちゃアカン!(汗)』という荒業も。

過激な方法を試してしまうと、復活どころか二度と使えないことに!!

特に次の方法は避けるべきNG行為なので真似しないように。

ペン先を強く叩く

手 ink

『バンバンっ!!』

机や紙の上でボールペンを強く叩きつける、筆者もやったことがあります。

結果、ペンが壊れてインク漏れの大惨事に(涙)

ある程度の衝撃に強い造りであっても、故意に衝撃を与えたのではボールペンは破損して当然です。

仮に、衝撃でインクが出たとしても毎回この方法が通用するはずもありません。

ボールペンは精密に設計されているので、衝撃が加わるとペン先が変形したり、インクの芯が歪み液漏れを起こしたりとトラブルの原因になってしまいます!

ボールペンのインクが出ない原因は様々なので、乱暴に扱わずに済む方法で復活を試みましょう。

ペン先を加熱しすぎる

ライター

ボールペンを加熱すると、固まったインクや分離したインクが緩み復活する!

この方法は正解であると同時に、注意が必要と説明してきました。

インクを出すペン先のボール。

このボールは限りなく『真円(まん丸)』の形をしており、熱が加わると変形してしまう恐れがあります。

ライターやドライヤーを使い加熱する方法は、個人で責任を持って行ってください。

どうしても熱を利用した方法が有効だと感じるなら、手で握ったり吐息から生じる体温を利用して温めることをおすすめします。

スポンサーリンク

メーカー別インクの出ないボールペンを復活させる方法

 help

一言でボールペンと言っても、国内には数百、数千ものボールペンが存在しメーカーも異なります。

そこで、今回は愛用者も多いメーカーのボールペンに絞り、インクの復活方法を探ってみました!

パイロットのボールペンの復活方法

国内でも高い評価と技術力で多くのシェアをほこるPILOT(パイロット)。

パイトロットのボールペンの復活方法を、公式HPを参考に考えてみました。

正しくお使いいただく為に

  1. ボールペン取扱いの注意筆記以外には使用しないでください。

  2. 幼児の手の届く所に置かないでください。

  3. ペン先を水平より上に向けての筆記はお避けください。インキもれの原因となります。

  4. 激しく振ったりショックを与えたりするとインキがもれる場合があります。

  5. 使用後は必ずペン先を収納してください。(ノック式の場合)

  6. 使用後は必ずキャップをしめてください。(キャップ式の場合)

  7. 衣服などにインキが付くと落ちない場合がありますのでご注意ください。

  8. 直射日光の当たる場所や、高温になる場所に置かないでください。
    引用:ボールペンが書けなくなる原因にはどのようなものがありますか? | よくあるご質問 | PILOT

直接の解決方法は記載していませんでしたが、使用方法の説明からヒントを得ました。

まず基本中の基本である掃除を行い試し書きを行いましょう。

それでもインクが出ないなら、まずインクの芯に空気が入っていないか確認です!

そして、『遠心力』を活かした復活方法を試してみましょう。

遠心力の力で分離したインクが元通りになり、再びペンを走らせることができる可能性があります。

ただ、ボールペンのインク(替芯)には寿命が存在します。

  • 油性ボールペンは約3年間
  • 水性ボールペン(ゲルインキを含む)は約2年間

これらを大きく超えている場合は、素直に替芯を交換して試してください。

フリクションのボールペンの復活方法

フリクションボール4 ウッド

引用:フリクションボール4 ウッド | 製品情報 | PILOT

「フリクション」シリーズは、パイロットのボールペンでも人気のボールペンです。

通常のボールペンとは異なり、消せるインクが特徴です。

フリクションのインクが出ない場合、まずウェットティッシュでペン先を掃除してください。

ホコリや汚れの詰まり、インクの塊を取り除いたら再度使用できるか試し書きを行います。

この時点でインクが出ない場合は、少量の灯油を用意しましょう。

灯油は洗浄力が高く、ペン先の細かい部分にも浸透するので更なる汚れの除去に役立ちます。

一気に汚れを取り除きたいからと言って、大量の灯油を使用するとインク漏れの原因になるので注意です!

uniのボールペンの復活方法

企業情報 | 三菱鉛筆株式会社

引用:企業情報 | 三菱鉛筆株式会社

三菱鉛筆がほこるヒットシリーズ「UNIブランド」。

「熱消去性インク」を搭載したボールペンであり、こすると消える画期的なインクが特徴です。

このボールペンのインクが出ない場合、ペン先をウェットティッシュで掃除してください。

汚れやホコリ、インクの液が固まっているならこの方法で復活するはずです。

この方法でインクが復活しない場合は、遠心力や加熱を利用した方法を試してみるのもアリ!

ただ、強い衝撃や長時間の加熱は破損の原因になるので注意しましょう!

インクの出ないボールペンを復活させる方法 まとめ

筆記用具

ここまでご紹介してきたインクが出ない原因や復活方法について、参考になったでしょうか?

お気に入りのボールペンが使えなくなったり、書きたいと思った瞬間にインクがでないのはストレスですが、今回のライフハックを活用すればボールペンも復活!

しかし、大前提としてボールペンの構造やインクの性質を理解して無理なく使用することが大事。

最後に、正しい使用方法や保存方法もおさらいです♪

  1. ボールペンは可能な限り立てて保管する。
  2. 気温や熱の変化が少ない場所で保管する。
  3. ボールペンを寝かせて書かず、筆記角度は60°以上に保つ。
  4. ペン先が沈み紙粉を詰まらせないように下敷きを活用する。
  5. ボールペンを押し出すように使用する。
  6. 筆圧が強い場合は加減・調整することを意識する。
  7. 日頃から大切に扱い、衝撃や熱が加わらないように使用する。

当たり前かのように存在するボールペンだからこそ、正しく快適に使いこなしていきましょう!

スポンサーリンク