金スマ久米宏は現在病気?黒柳徹子とザ・ベストテンの秘話を語る

金スマで久米宏と黒柳徹子が共演

2017年11月17日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)」に久米宏さんと黒柳徹子さんが4年ぶりに共演します。

久米さんと黒柳さんといえば、伝説的番組「ザ・ベストテン」の名司会コンビです。

今回のお二人の共演に「ザ・ベストテン」世代の方は懐かしいのではないでしょうか(*^^*)

金スマでは、「現在のニュース番組の原点は音楽番組だ」と衝撃発言!

また、久しぶりの番組出演に「久米宏さんは現在病気なんじゃないの?」とネットでは注目が集まっています。

そこで今回は、

久米宏さんは現在病気なのか

黒柳徹子さんと久米宏さんの関係

金スマの放送内容

の3つをお届けします。


Sponsored Link

久米宏のプロフィール

久米宏の現在
プロフィール
名前:久米宏(くめ ひろし)
生年月日:1944年7月14日
出身地:埼玉県浦和市
血液型:A型
学歴:早稲田大学政治経済学部
活動:1967年~
配偶者:久米麗子

久米宏さんは1967年に早稲田大学を卒業後TBSにアナウンサー12期生として入社。

1969年には妻の久米麗子さんと結婚します。

そして1975年に『料理天国』にレギュラー出演し、『ぴったしカン・カン』で全国的に有名になりました。

その後、1978年に伝説的番組『ザ・ベストテン』で黒柳徹子さんと共演し1985年4月まで名司会者としてお茶の間の人気を博しました♪

1979年6月にはTBSを退社しているので、『ザ・ベストテン』で司会を務めて2年目で独立したってことですね。

久米宏は現在病気なの?

久米宏さんといえば報道ステーションの顔でしたが、報道ステーションを降りてからはテレビでの露出がめっきり減りました。

そのためネット上では「久米宏は現在病気らしい」という噂が広まっているようです。

久米宏さんが現在病気なのか調べたところ病気ではありませんでした!

現在も毎週土曜日13:00~14:55のTBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』で番組を担当して元気に過ごしています(*^^*)

さらに2017年9月13日には、『久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった』の自伝を出版し、精力的に活動しています。


黒柳徹子と久米宏の関係は?

久米宏と黒柳徹子のザ・ベストテン

久米宏さんと黒柳徹子さんは『ザ・ベストテン』で名司会コンビとして活躍しました。

当時の写真を見ても黒柳徹子さんは今とほとんど変わらないですね(笑)

若い頃の写真とか見ると「ほんと美人だなー」と思います♪

久米宏さんは黒柳徹子さんとの共演を振り返って次のコメントを残しています。

(久米宏)
1981年8月6日に広島の原爆ドームの前から行った中継で、涙ながらに世界平和を訴える黒柳徹子さんを見て、世の中で起きていることを伝えるのが生放送のテレビの使命だ!若い世代にもニュースを伝えたい

ザ・ベストテンは視聴率40%の伝説番組でした。若者世代の視聴者が多かったため、時事問題やスポーツ、芸能ニュースなどを曲の合間に伝えていました。

黒柳徹子さんは「ベストテンは情報番組ね」とコメントも残しています^^

Sponsored Link

金スマ「久米宏と黒柳徹子が語るザ・ベストテンの秘話」

久米宏と黒柳徹子

金スマ放送後に追記します。

※追記:2017年11月18
放送されたので内容をご紹介していきます。

ニュースステーションはザ・ベストテンだった

ニュースステーション開始は極秘だったそうで

黒柳さんに理由を言えず1985年4月にザ・ベストテンを降板。

 

1985年10月に開始したニュースステーション。

久米さんが考えたコンセプトは「中学生がわかるニュース」だったそうです。

今では当たり前になっている「模型」「政治家の人形」を使ったニュース解説

日本のテレビで初めて取り入れたのが久米宏さんでした。

 

中学生がわかるニュースがコンセプトのため

「エンターテインメントとしてのニュース番組」を意識していたそうです。

たしかに言葉だけで伝えるよりも模型とか人形があったほうが分かりやすいですよね。

今までのニュース番組は視聴率を取れなかった

そんな定説を覆したのがニュースステーションでした。

  • 全4795回
  • 平均視聴率14.4%
  • 視聴率20%超えは245回
  • 最高視聴率は34.8%

全4795回の放送で平均視聴率は14.4%。

ニュース番組にも関わらず視聴率20%超えは245回。

最高視聴率は34.8%という数字を叩き出し、日本のニュース番組を変えた男といっても過言ではありません。

ニュースステーションの原点「中学生でもわかる」

久米宏のニュースステーション

久米宏さんは、ニュースステーションの放送が決まり放送案を考えていたとき

ニュース番組を見ていて思ったこと。それは、

「わかりにくい言い回しだな。これじゃ見ている人に伝わらないよ」

 

当時のニュース番組では難しい言葉や専門用語が多く、アナウンサーがただ原稿を読み上げるだけの内容に

このままじゃ視聴者に伝わらないと考えたそうです。

たしかに現代のニュース番組では考えられないことですよね。

ザ・ベストテンは情報番組だった

そんなときに思い出したのが黒柳徹子さんのひと言でした。

「ザ・ベストテンは情報番組ね」

ザ・ベストテンで紹介しているランキングは、

今どんな歌が流行っているのかという情報でした。

さらに、生放送中の歌手の衣装、中継先の天気まで全てが今を伝える情報。

そんな二人にとって「ザ・ベストテン=情報番組」という意識が強かったそうです。

Sponsored Link

子どもたちに音楽以外の情報を伝えたい

ザ・ベストテンを見ている視聴者のほとんどが子供だったそうです。

そのため二人は「子どもたちに音楽以外の情報も伝えたい」という思いから

曲の合間に色々なニュースをアドリブで話していました。

たとえば1979年6月21日の放送では、東京サミットの警備の様子や9億円事件の内容。

1980年5月15日の放送では、強盗事件の内容。

1978年8月12日の放送では、アンネ・フランク展の話。

1979年のイラン革命の話。

他にも秋野暢子さんの結婚報道、千代の富士の引退などエンタメ情報もたくさん伝えてきました。

なかでも久米宏さんが一番印象に残っている放送が

1981年8月6日のヒロシマ平和記念日に原爆ドーム中継を行った回でした。

黒柳徹子さんが涙ながらに世界平和を訴える姿が心に響いたと言います。

当時を振り返った久米さんは

(久米宏)

中学生の理解力って大人の想像を遥かに超えてて、実は相当なことを理解しているんですよ。

ニュース番組って未来のためにやっていると思っていました。

未来を考えるのは若い人が考えるべきことで

つまり若い人に見てもらわないと意味がないってことだと思います。

「中学生でも分かる」

それがニュースステーションの原点だったと久米さんは話してくれました。

久米宏の話をもっと知りたい方におすすめ書籍のご紹介

金スマの放送でもザ・ベストテンのことやニュースステーションのことを語っていますが

書籍では1986年2月に起きたフィリピン革命時の緊迫した裏側もご紹介。

テレビ史上はじめて現場中継という考え方を定着させ、当時リポーターとして活動していた安藤裕子さんが現地フィリピンで緊迫した様子を電話で伝えています。

そのときの様子も赤裸々に語られていますから、読みたい方は楽天かアマゾンで送料無料で購入してみてください♪

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった [ 久米 宏 ]

価格:1,728円
(2017/11/17 20:22時点)
感想(1件)

 

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった

新品価格
¥1,728から
(2017/11/17 20:23時点)

まとめ

金スマで久米宏と黒柳徹子が共演

一つの時代を築いた久米宏さんと黒柳徹子さん。

『ザ・ベストテン』には多くのスターが出演し、国民の半数近くが見る伝説番組となりました。

リアルに見ていた世代が羨ましいです☆

当時は口パクもなかったですし、常にリアルタイムで放送していたので出演する歌手の歌唱力で人々を魅了する感じがyoutubeを見ていて気持ちがいいです♪

金スマでは久米さんと黒柳さんが『ザ・ベストテン』を振り返り番組の裏側やニュース番組の原点になった話をしてくれました。

 

ニュースステーションの映像も公開されて、胸を打たれるシーンもありました。

とくに印象に残ったのは、初代アシスタントが語った久米宏さんがニュース番組に与えた影響について。

「久米さんはニュースのプロではなく、テレビのプロだからできたこと」

頭で考えるだけじゃない、肌で感じるニュースというのを持ち込んだのが久米さんだったというシーンはグッと来ました。

あと、久米宏さんは現在病気でもなんでもなかったです(笑)

2017年9月には本を出版し、現在もラジオ番組を担当していて、かなり元気でした☆

Sponsored Link