ヒアリの天敵ゾンビバエの由来と不気味な生態!日本にもいるの?画像あり

今回は

ヒアリの天敵ゾンビバエの由来と不気味な生態!日本にもいるの?画像あり

についてです。

 

2017年の6月頃から日本各地で目撃されているヒアリですが、ゾンビバエという天敵がいるのをご存知でしょうか?

虫の名前にゾンビが入るってかなり不気味ですよね^^;

本当にゾンビ映画のように、次々と襲ってくるのでしょうか?(笑)

もし、日本に生息していたらと考えるだけで少し気持ち悪いですね。

今回はそんなヒアリの天敵ゾンビバエの名前の由来と、謎に包まれた不気味な生態についてご紹介していきます。

画像もあるので閲覧注意ですよ!(笑)

Sponsored Link

そもそもヒアリってどんなアリ?

本題のゾンビバエに入る前に、一度ヒアリについて簡単にご紹介したいと思います。

ヒアリは南米原産の毒針を持つアリで、体長が2.5mm~6.0mmと1円玉よりも小さいのが特徴です。

お尻に隠されたハリで、巣に近づくものを容赦なく攻撃する荒い気性の生物として恐れられています。

ヒアリは集団で人やペットを襲うため、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こすことなどかなり危険だと言えます。

また、アメリカのクイーンズランド州では、人やペットが気づかずに蟻塚に近づいて襲われる被害が多いようです。

実際に、州の農林水産省がヒアリ撲滅プロジェクトを掲げるなど本格的な対策もとられています。

数十匹単位で襲ってくるのはかなり怖いですね。
しかもアリは小さいので、なかなか気付くのは難しそうだと思いました。

ヒアリの天敵ゾンビバエの特徴と生態

ゾンビバエはノミバエの一種です。

正式名称をアポセファルス・ボレアリス(Apocephalus borealis)と言います。

ヒアリと同じくゾンビバエも南米原産の生き物です。

てか南米ってヤバイ生き物多すぎでしょ!!!

 

ヒアリとサイズを比較してみました。

名前 体長 特徴
ゾンビバエ 2.0~2.9mm 卵を寄生させる
ゾンビバエ(幼虫) 3.3~3.5mm 見た目がキモい
ヒアリ 2.5~6.0mm 荒い気性で毒針を持つ

ゾンビバエは、針を使って他の生物に卵を寄生させるのが特徴です。

主なターゲットは、ミツバチやヒアリなどの小型生物です。

南米のハエは針まで持ってるんですね!怖いです(笑)

しかも寄生するための時間はターゲットに針を指して、たったの2~4秒間。最強すぎます!

一度に産み付けられる卵の量は不明ですが、寄生された生き物から約1~13匹の幼虫が出現されることが確認されています。

 

孵化したゾンビバエの幼虫は、寄生したヒアリやミツバチの体液を吸って成長していきます。

そして最後には、脳を食べて頭部をスパッと落としてパタパターと巣立っていくのです(笑)

寄生されてから約28日間の出来事です。

文章に書くだけでもゾッとします^^;

ちなみにゾンビバエに寄生されたミツバチさんの画像がこちら↓

なかなかのビジュアルですよね(笑)

 

 

また、今回は特別に映像を見たい方のために動画をご用意しました!
特に後半がヤバイので勇気のある方のみお願いします!(笑)

ゾンビバエの名前の由来は?

ゾンビバエの名前の由来は、この不気味なルックスと卵を寄生させる特殊能力にあると言えます。

またサンフランシスコ大学の研究では、寄生されたミツバチが夜間に混乱状態(ゾンビのように)で光に集まり、数時間で死に絶えることが報告されています。

この謎の行動は明らかにされていませんが、まさしくゾンビと言う名前に相応しいハエだと思いました。

 

ちなみにアメリカでは、この行動原理を応用して蜜蜂の巣の近くにライトトラップを設置し、ゾンビバエによるミツバチ被害を抑えることに成功しています。

生物を研究することで、ちゃんと私たちの生活で役に立っているのは凄いことだと思います。

Sponsored Link

ゾンビバエは人間にも寄生する!?

これまでゾンビバエの特殊な生態をご紹介してきました。

やはり気になるのが人間への害です。

映画のような出来事が実際にあるのか?とおもったのですが、

どうやらゾンビバエが直接人間に寄生することは無いようです。

ミツバチやヒアリのフェロモンに反応して卵を産み付けるので、人体への被害はまだ報告されていません。

ですがアメリカでは、ミツバチに寄生されることで経済的損失を出しているようです。

ヒアリの天敵ゾンビバエは日本にもいる!?

ゾンビバエが日本にいるかも気になるところです。

北アメリカでは多くのゾンビバエが発見されていますが、今のところ日本では確認されていません。

むしろヒアリよりもゾンビバエのほうが危険だと私は思いました。

日本のミツバチが作る蜂蜜は品質が良いので、ゾンビバエによって荒らされるのは嫌ですからね。

まとめと感想

今回は、ヒアリの天敵ゾンビバエの不気味な生態や特徴についてご紹介してきました。

まず、ヒアリやミツバチに卵を産み付ける発想が凄いなと思いました。

ヒアリもゾンビバエも南米原産の生物ですが、おそらく南米にはもっとトンデモナイ生物がゴロゴロいるんでしょう。

その特殊な環境で生き抜いてきたゾンビバエもどんどん進化していったのかもしれないですね。

ヒアリの天敵になるからと言って、ゾンビバエを日本に持ち込む人がいないことを祈ります(笑)

一応、沖縄のハブ対策でマングースが持ち込まれた例もあるので注意喚起は必要かもしれないです^^;

ゾンビバエについて書いていたら、久しぶりに「THE FLY」ザ・フライが観たくなりました(笑)

 

以上、

ヒアリの天敵ゾンビバエの由来と不気味な生態!日本にもいるの?画像あり

についてでした。

Sponsored Link

参考:

https://www.daf.qld.gov.au/plants/weeds-pest-animals-ants/invasive-ants/fire-ants
http://entnemdept.ufl.edu/creatures/MISC/BEES/Apocephalus_borealis.htm#life